DUM子ども運動教室

2014年、東京都あきる野市で始まった「二重とびマスター」という運動教室。
「二重とび」という名前がついていますが、教室の内容は縄跳びをマスターすることはもちろん、様々な実用的な動作(ファンクショナルムーブメント)を高い強度で行うトレーニングをしています。

いろんな動きを
取り入れた運動

  • 走る
  • ジャンプ
  • 投げる
  • 蹴る
  • ぶら下がる
  • 逆立ち
  • 支える
  • 引く
  • 押す
  • バランス

毎回違う運動で新しい刺激を

運動メニューは、毎回、違います。ここも大きな特徴です。
回数・負荷・時間、色々な組み合わせを考慮し、毎回のクラスでいつも新しい刺激を子どもたちに届けています。

運動が苦手になるキッカケ

「二重とびマスター」という教室名は、運動を好きになってもらいたい、という想いから命名しました。

子どもの頃に運動が好きになれば、大人になっても身体を動かす機会が増えます。
これは、生涯を通じて健康でいるための大切な要素。

運動への苦手意識のキッカケは、どうも学校の体育授業にあるみたい。
必ず行う「縄跳び」「跳び箱」「鉄棒」、この部分がうまくいできないと、運動への苦手意識を持つきっかけになってしまうようです。。

特に「二重とび」が最初の大きなポイント。
どんな動作だって、コツを伝えて身体の動かし方がわかれば、みんなできる!

そんな「安心」や「自信」と「やる気」を身につけてもらいたい想いで、名前をつけました

この教室を続けると、子ども達は運動や身体を動かすことが、すごく好きになります。
いろいろな動きを効果的に体験することで、子どもたちの身体能力がどんどん上がってきます。
子どもたち自身が、自分の身体の動かし方を理解してくるからです。

また、なぜ子ども達がとても楽しそうに運動をしているかというと、子どもを中心に、教室を進めているからなのです。
子どもだって大人と同じように、ちょっと疲れてたり学校で何かあったり、いろいろな出来事があります。

強制的にやらせるのではなく、チャンスやアイテムをこちらから投げかけるイメージ。
子どもたちの自主性が目覚めると、素晴らしい成長につながるのです。

お客様の声

小学校3年生〜中学3年生の現在

中3の息子は、小3より「二重跳びマスター」へ通い始めました。
二重跳びが飛べるようになったら良いなぁ、程度の入会でしたが、今では一分間に200回以上二重跳びができます。
レッスンも二重跳びの練習やコツの習得かしらと、入会前思いましたが、実際受講続け、二重跳びが上手にできる、体力、柔軟性、瞬発力や集中力、判断力など総合した心身を獲得しています。

スクワットや腹筋のような体幹を鍛え、ランニングやジャンプなどと合わせ複合したトレーニングを受けています。
小学生時にはスポーツ鬼ごっこなども楽しみました。

1時間受講中も短時間の集中したトレーニングと休憩の連続で、集中力が途切れず汗びっしょりになりながら、達成感味わい、上達していきました。
トレーニングメニューは先生より皆同じですが、自分で回数や時間を決めることで、コンデション調整や判断力も自然と身についたと感じます。身体の使い方が上手になり、学校では文化部ですが、体育でどのような競技もうまくできているようです。
また、スポーツによる怪我がありません。

息子自身継続することで、総合的身体能力アップすることを実感し、通い続けています。

お申し込み

現在の「DUM子ども運動教室」実施場所

東京都あきる野市(コロナの影響で学校体育館の利用が不可のため、現在は公園と秋川体育館にて実施中)

火曜日小学生クラス17時~18時秋留台公園
水曜日小学生クラス18時~19時秋川体育館
木曜日小学生クラス17時~18時秋留台公園
日曜日中学生クラス18時~19時秋留台公園

月額 4,500円

zoom「体幹柔軟トレーニングクラス」のお申し込み

土曜日18時~18時半

1回単発参加1,500円
月額4,500円