子どもへの「宿題」の与え方

宿題

「宿題」とは、
どんな理由で与えられるのでしょうか?

・予習・復習のため。
こういう行動は、自分がその分野をより知りたい時に、
結果的に行う行動だと私は思っています。

学校の指導内容を、確実に定着させるため。
平日、かなりの時間を学校で過ごしています。
1日で得る知識量は、かなりの量。
出された宿題を見ていると、
内容に偏りがある気がします。
知識の部分にフォーカスして、
得た知識を確実に定着させることが、
子どもにとって最優先事項なのでしょうか?

自分の子どもが小学校へ行き始めると、
驚くことが「宿題」の多さです。

子どもたちは学校から帰ってくると、
友達と遊びたい。
遊びに行って、習い事の時間までに帰ってくる。
習い事が終わって、夕食。
お風呂に入って、眠くなった頃に「宿題」・・・。

「宿題」が嫌になる要素が満載です。

宿題の与え方

私の「宿題の与え方」を紹介します。
ポイントは、
「理解」「負荷の設定」です。

教室でも、たまに宿題を出しますが、
この宿題には「約束」があります。

その約束とは、
「やってもいいし、やらなくてもいい」

それぞれ、できる動作・できない動作があります。
「できない→でも、できるようになりたい」
そう思っている子どもを対象に、宿題を出します。

「理解」
その宿題を行う「理由」を、
ちゃんと伝えます。

伝え方は、
現時点で「できている部分」を、まず明確にすること。

「Aをできるようになるには、1、2、3の要素が必要。
1、2の部分は、凄く綺麗にできている。
3をできるようになるには、~を繰り返すと・・・の部分が変わってくる。」
という伝え方です。

「負荷の設定」
内容のポイントは、「必ずできること」を与える。

わざと、本人が「え、それだけ?」と思えるぐらい簡単な内容にします。
種類によっては、回数など子ども本人に決めさせています。

翌週、話を聞くと、
「毎日やった」子もいれば、
「2回だけはやった」という子も。

ただ、回数の問題ではなく、
「自主的」に取り組んだことを、
私は、非常に大切にしています。

「できないこと」が「できるようになる」喜びは、
子どもだけではなく、大人だって同じ。

嬉しい、楽しいと思える
「小さな小さな成功」の積み重ね、
これが大きな自信につながります。

1番大切なことは、
大人の言うことを聞く「良い子」を演じさせることではなく、
子どもたちが、成長・向上すること。

この大切な部分をしっかり中心に置いて考えれば、
色々な方法が浮かんできます。