二重とびの効果は無限大です

二重とびの効果

私の運動教室では、「縄跳び」その中でも「二重とび」を重点的にトレーニングメニューに取り入れています。

なぜ、「二重とび」なのか?

今日は、
「縄跳び」を中心にトレーニングを進めている
理由を説明します。

中心にトレーニングしているというより、
「前面に出している」
といったほうが正しいです。

まず、
「縄跳び」の効果を、
ご存知でしょうか?

「縄跳び」「効果」などで検索すると、
たくさん出てきますよ。

大人の方へは、
「ダイエット効果」が
もっとも魅力的なのかもしれません(笑)

「縄跳びの効果」
・縄跳びは有酸素運動の1つとして有名
・全身運動であり心肺機能/持久力が向上する
・ストレス発散や新陳代謝を高める効果がある
・俊敏になり、リズム感が向上する
・体脂肪の燃焼効果・低コストでダイエットできる

すごい効果ですね!

私の運動教室でのメイントレーニングは、
様々な実用的な動作(ファンクショナルムーブメント)を、
高い強度で行うトレーニングをしています。

「走る」「飛ぶ」「投げる」「蹴る」「ぶら下がる」  
「逆立ち」「支える」「引く」「押す」「バランス」
など、
いろんな動きをいっぱい取り入れて、
思いっきり身体を動かし楽しく運動しています。

その結果、
子どもたち自身が、
「自分の身体の動かし方」が身につき、
体力や基礎身体能力の向上へ導きます。

なぜ縄跳び?

(例)メイントレーニング
“2X 30sec on/ 30sec off
A: Push-ups
B: Sit-ups
C: Plank
D: Jump Rope”

2ラウンド
30秒間 動く/30秒間 休憩
A:腕立て伏せ
B:腹筋
C:プランク
D:縄跳び

このように、
多くの動きを、
いろいろな時間域及び負荷を掛け合わせて、
毎回、違うトレーニングを行います。

メイントレーニング

子どもたちのレベルに関係なく、
誰でも「楽しめる」「身近な運動」として、
まず全員が
「なわとび」のトレーニングから始めます。

私は教室を通じて、
子どもたちに運動を好きになってもらい、
「苦手な子は、できるように!」
「出来る子は、さらに向上するように!」
なるよう指導しています。

「好き」になるには、
まず「楽しい」と思えること。

「楽しい」と思うきっかけに、
「自信」や「達成感」があります。

まずは「二重とび」!!
教室に来ると、
苦手な子でも、
実は簡単にできるようになります。
できる子は、
100回ぐらい連続で跳べるようになります。

そこから、
自分は「できるんだ!」という
その「自信」を持って、
次のステージへ向かっていきます。

成長する子どもたちを、
身近で見れる機会は、
本当に素晴らしいものです。

いつも教室の子どもたちには、
感謝の気持ちでいっぱいです。